エコワークスの小山社長が考える性能向上リノベーションとは!?

先日、福岡、熊本の2拠点でリノベーションにおいて先導的な取り組みをされているエコワークスの小山社長と対談しました。

常に大局観でとらえて、使命感を持って取り組まれている姿勢がひしひしと伝わってくる対談でした。

下記は対談メモです。

・年間で70棟の新築と30棟ほどのリノベーション実績

・日本エコハウス大賞 リノベーション部門大賞受賞

・リノベーションは長期優良住宅化リフォームの提案が基本

・リノベーション事業のきっかけは7年ほど前のリノベーションのご相談(リノベに対する強い思い、要望を実現させた際に大変喜ばれたのが原点)

・地域工務店がやるべきビジネスだと確信した

・エコワークスのリノベーションのポイントは3つ

 ①丁寧な打合せ ②性能にこだわる ③自然素材を使う

・次の世代に住み継げる建物価値を追求

・環境就職(環境を良くする仕事に就く)という価値観に共鳴した社員が集まる会社

・2030年代半ば、車の100%電動化も見据え、ZEHにするリノベーションを推奨

・会社側はポリシーを持って、リノベーション提案すべき

・スケルトンリノベーションの時は全棟気密測定をしている(C値1.9)※新築は0.7

・建物は断熱と気密がワンセットで性能を発揮する

・福岡と熊本でリノベーションモデルハウスを開設(断熱、

 耐震、耐久性を長期優良住宅レベルで実現)

・高性能グラスウール+気密フィルム、コンセント周りの隙間も塞ぐ

・リノベーションは長期優良住宅を得意としている会社に依頼しよう

改めて小山社長のリノベーションに対する強い思いを感じました。引き続き、エコワークスさんを応援します。

<対談動画はこちら>

この記事を書いた人

コダリノ