YouTube発信しての反響

11月末からとりあえず始めたYouTubeでの発信。

「一般向けに発信してみては」と提案を受けたのがきっかけですが、やってみるとやはり気づきがあったり、動きが出てきたりします。

まずは、建築リテラシーが高いにも関わらず発信不足で認知度が上がっていない地域工務店さんが多い中、自分自身が一般ユーザーさん向けにリノベ動画を発信するというマインドシフトは新鮮でした。

9月に対談したラクジュさん経由で会社選びの相談が2件、自分発信による相談が2件、さらに動画がきっかけで対談が2件と限られた数ながら、動きがあり、YouTubeの効果の大きさを実感しています。ブログではあり得ないです。

いずれも戸建リノベーションに関する相談で「実家リノベを考えている」「建て替えかリノベか迷っている」という内容です。

30本近くアップした中でも新築そっくりさんの解説動画が地道に再生回数を伸ばしているようです。リノベーションとそっくりさんの親和性、そっくりさんを取り上げた動画が公式動画以外になかったことも大きいのでしょう(今年に入り、そっくりさんを取り上げた他の動画も出てきている)。これも、ルームツアー、レクチャー型、対談型といろいろやってみたからこそ、わかったことです。

とは言え、単に再生回数を増やすことを目的に取り組むのはどうも違和感があり、あくまでも反響狙いという目的にブレることなく取り組んでいきます。

来月は動画きっかけの対談の収録があり、しっかり自分自身の役割を担えるよう、励んでまいります。

この記事を書いた人

コダリノ