コアターゲットの設定(実家のリノベーション)

 リフォーム業界で、実際にビジネスとして成立しているセグメントは、リノベーション、LDK、外装、水周り、リペアといったところです。

 今回はリノベーションからもう一歩進化させて個別対応していくかたちとして「実家のリノベーション」というテーマを取り上げたいと思います。

 人口動態では、40代と半ばと70代前半がボリュームゾーンですが、まさにこの組み合わせは「実家のリノベーション」の親世帯と子世帯(二世帯リノベ)と合致します。さらに10年後20年後の人口動態では後期高齢女性の増加も目を引きます。今後、「実家のリノベーション」は後期高齢女性と可処分所得が減少傾向にある一次取得世帯の組み合わせも増えてくると考えられます。

 実際に全国各地モデル企業の顧客属性をヒアリングすると、2000万級のリノベーション実績のうち6割が「実家のリノベーション」という例も見受けられました。

 市場があり、競合が少なく、強みに適合する、この3条件が揃うビジネスに取り組むべきと言われていますが、上記のような発想で、他のセグメントも掘り下げていくと成熟期の最適解が見つかるのではと考えております。

この記事を書いた人

コダリノ